なんでもやってみる

作ってみよう やってみよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

移転予定

あんまり更新していないけど、Wordpressを導入してみたので移転予定。
今後は「 http://kyo-home.ddo.jp/wp/ 」で更新していこうかとー
スポンサーサイト
  1. 2015/01/01(木) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ

初めていきますよー

"電子書籍の所有感・存在感"について研究していますが、このブログではあまり関係の無いプログラムとか電子工作とかを出していこうかと考えてます。
作ったものを晒したり、備忘録的に使ったりしていきます。

記事は↓から始まります
  1. 2014/05/13(火) 22:01:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リモコンを振る ~WiiYourself!の導入~

WiiリモコンをC++の環境で利用するためのライブラリ "WiiYourself!"
VisualStudio2010に導入したのですが、導入時にちょっと躓いたので備忘録的なものを残します。




必要なもの

WiiYourself! (記述時のバージョンは1.15)
WinDDK

WiiYourself!を使うためには、WinDDKが必要になります。
ISO形式になっているので、各々の方法でインストールしてください。


WiiYourself!を自分のプロジェクトに導入するには、同梱されている

wiimote.cpp
wiimote.h
wiimote_common.h
wiimote_state.h

を追加します。


続いて、VisualStudioの追加のインクルードに
$(VCInstallDir)include;$(VCInstallDir)atlmfc\include;C:\WinDDK\7600.16385.1\inc\api;C:\WinDDK\7600.16385.1\inc\ddk

追加のライブラリディレクトリに
C:\WinDDK\7600.16385.1\lib\win7\i386

を追加

DDKのバージョンは適宜置き換えて下さい。

WinDDKを読み込む順番に注意して下さい。これに躓いてました(笑)
WinDDK,Wiiyourself!を読み込む前に、デフォルトのインクルードファイルを読みこむようにします。


最後に自分のソースファイルからwiimote.hをインクルードして下さい。
これでWiiリモコンを使えるようになります。

PCとWiiリモコンを接続しておいてください。

とりあえず簡単に作ってみたサンプルです。
Wiiリモコンを接続し、Aボタンを押すと振動するプログラムです。

#include "wiimote.h"

int main()
{
//wiiyourself!の読み込み
wiimote remote;

printf("Conect... ");

//wiiリモコン接続完了まで待機
while(!remote.Connect(wiimote::FIRST_AVAILABLE))Sleep(1);
remote.SetReportType(wiimote::IN_BUTTONS_ACCEL_IR);

//接続済み
if( remote.IsConnected() ){
printf("OK!\n");

while(true){
//wiiリモコンのデータを更新
remote.RefreshState();

//左端のLED点灯
remote.SetLEDs(0x1);

if( remote.Button.A() ){
remote.SetRumble(true);
}else{
remote.SetRumble(false);
}

Sleep(100);
}
}
}


SyntaxHighlighterを導入してみました☆
  1. 2012/05/25(金) 01:02:21|
  2. プログラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Arduinoで静電容量インターホン

今度はArduinoを使ったタッチセンサを使っていこうと思います。

/**
Arduinoって?静電容量センサって? という質問は長くなってしまうので割愛していきます。
興味を持った方がいるようでしたら是非調べてみてください。非常に面白いですよー
**/

きっかけといいますか…
うちの研究室にはよく実験住宅の話を聞いて「ぜひ見学したい!」という学生が来ます。
しかしながら、現在僕が使用している部屋からでは、お客さんや学生さんが来てもわからない・見えない位置にあります。
そのため、見学希望の対応が 「ん?騒がしいな?なんだろう?」 てな具合に興味本位で見に行ったときしかわかりません(ノд-)

ちょうどこれから新しく研究室配属になる学生さん達が、突発的な見学に来るかもしれません。というか歓迎してます☆
そんな時のためにも"呼び鈴"のようなものがあれば対応もしやすい、ということから今回のアイディアが生まれました。
また、廊下側には機材を設置したくない 室内で完結させたい というコンセプトから静電容量方式の呼び鈴を作っていきます。

こういった面白いものも作っていくよ!っていうこともアピール出来る絶好の機会ですし(笑)




材料

・Arduino
・銅板
・抵抗(12MΩ)


実際に使うのはこれだけです。ミノムシクリップとかあれば便利ですよ。

参考サイト
Arduino タッチセンサ 建築発明工作ゼミ2008

基本的な構成は参考サイトさんと同じです。
プログラムを多少追加して、ローパスフィルタを2回かけてからデータを出力するようにしています。

抵抗は、ガラス越しにタッチするので、多めに12MΩの抵抗に変更しています。
実際に作った抵抗は

写真 12-05-18 16 19 44+1 写真 12-05-18 16 19 53+1

2MΩと1MΩの可変抵抗をそれぞれ4個ずつ直列に繋いでます。
細かい調整が出来たらいいなーって思ったんですが… 特に調整することがありませんでした。

実際に計測した結果

静電容量結果_2

57~109にかけて触ってます。
銅板のサイズは50mm*50mm ガラスの厚みが分からないので指先との距離はわかりません…

オン・オフさえ取れればいいので、あるしきい値以上の値が検出された場合に"押されてる"と判定します。
これを実験住宅のある部屋と、僕がいる部屋のそれぞれのマシンに送信し、それぞれで音を鳴らす事で呼び鈴として機能します。

写真 12-05-18 16 12 42+1
オモテ

写真 12-05-18 16 20 29+1
ウラ

呼び鈴っぽい装飾をして完成です。
丸見えの配線が情けないですが(笑)
配線を壁に固定しようにも、金属の壁や線を抑えた時にノイズ(?)が入って誤作動や値が安定しなかったりしてしまい挫折…
趣味レベルでの取り組みですから、このあたりは専門の人に丸投げしましょうか(笑)

「デザインがわかりにくい」という意見が出たのでデザインは改良予定です。
研究室配属で見学希望の学生さん 歓迎してますよー

細かくチェックしてる人はいるのかなー(笑)

テーマ:アプリケーションソフト - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/05/20(日) 03:55:18|
  2. 電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FRISKレーザーポインタ&LEDライト 作ってみた

院の授業が始まり、輪講をやる機会が増えてきました。
発表中、スライドの一部を指し示すときに、マウスカーソルを動かしているのですが、何かスマートじゃないな と…
レーザーポインタでもあればいいなー という事でFRISKポインタの出番ですね☆

/**

すっかり有名になったFRISKケースを使ったライトやレーザーポインタですが、点灯方法に色々と種類があります。
タクトスイッチ、普通にスイッチ、スライドさせて接点を接触させる… 等々
プレゼン中にずっと付けておくのでスライドさせるほうが楽かな と思ったのですが、誤動作による危険があるそうです。
レーザーポインタですから取り扱いには注意が必要です。なので今回はタクトスイッチを使用します。

**/




・FRISK…210円コンビニ
・レーザポインタモジュール LM-102-B …450円秋月
白色LED…10本 100円秋月
CR2032電池ホルダー…60円秋月
CR2032電池…50円秋月
・タクトスイッチ * 2…10円 * 2秋月


安定の秋月電子通商(笑)


写真 12-05-13 18 33 31+1

とりあえずブレッドボード上に配線して動作確認

写真 12-05-13 18 33 42+1 写真 12-05-13 18 33 55+1+1

スイッチ挟むだけなのでそりゃ出来るよね(笑)

FRISKモジュール_回路図

あとは練習がてらFRITZINGを使って回路図作成 レーザーポインタモジュールがなかったのでLEDで代用

写真 12-05-13 18 34 40+1

FRISK大先生のご登場

写真 12-05-13 18 35 06+1

あとでスタッフが美味しくいただく予定です

写真 12-05-13 18 38 03+1 写真 12-05-13 19 15 50+1

配置確認のあとにレーザーポインタ、LED、タクトスイッチ用に開口
LM-102-Bを使って作る場合は、外側底面から25mmの辺りに穴を開けるとちょうど良い位置です
※FRISKケースの底面の厚さ 1mm + LM-102-B発光部までの高さ 1.5mm



写真 12-05-13 20 20 28+1

ハンダ付けしてホットボンドでケースに固定 電池ケースは固定しちゃうと電池が取り出しにくかったので詰め込んでるだけです

写真 12-05-13 20 20 49+1 写真 12-05-13 20 20 56+1

動作テスト

外装付けて完成ですよ!

写真 12-05-13 20 21 18+1 写真 12-05-13 20 21 24+1 写真 12-05-13 20 21 30+1
写真 12-05-13 20 21 38+1 写真 12-05-13 20 21 49+1 写真 12-05-13 20 22 06+1


おまけでキーチェーン

写真 12-05-13 20 32 16+1
  1. 2012/05/13(日) 22:58:40|
  2. 電子工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。